FC2ブログ


   患者目線の胃がん名医と手術
   胃がんの名医や手術、最新治療法について

 胃がんを末期に進行させないために


胃がんは末期にまで進行してしまうと根治の望みが断たれてしまうこともあります。
また、化学療法や放射線治療の副作用も強くなることが多いので、治療に伴う苦痛も増大する傾向があります。
近年では末期患者にはQOL(生活の質)を高めることの重要性が医療の現場で重視されるようになってきていますが、それでも限界はあります。

そこで、末期に至る前に最先端医療技術や胃がん名医の力で進行を食い止めることが求められます。
闘病記で名医が見つかることもありますし、名医ランキング等が役に立つこともあります。
どちらにしても、信頼できる主治医が見つかるかどうかによって、患者の生存率が左右されるだけではなく、気持ちにも大きく影響してきます。

早期のステージにあるうちに適切な治療を行えば、胃がんは根治できない病気ではありません。
しかし、処置の遅れによって致命的なところまで症状が進行してしまうことはあります。
そのため、検査によって早期発見を行えるかどうかが命を守るための分岐点になります。

また、1度は治療が完了した胃がんが再発するのを予防することも大切なことです。医師と十分な話合いを行い、今後の生活習慣や検査についての注意事項を確認しておきましょう。
守るのが面倒だと感じたときは、過去の治療を思い出してください。
また逆戻りするよりもよいと思い直せるはずです。


copyright © 2005 患者目線の胃がん名医と手術 all rights reserved.