患者目線の胃がん名医と手術
   胃がんの名医や手術、最新治療法について

 胃がんの検査


胃がんの検査を受けるなら、信頼できる医療機関でなければ意味がありません。
まず第一に、専門性を持った病院でなければ、信頼に値する診断結果として評価することはできません。

いくら胃がんの検査査をしたところで、一般的な健康診断が可能というレベルの医療技術しか持たない名医や権威が不在の病院であれば、診断結果が正確であるかどうかが疑われます。
セカンドオピニオンは大切なことですが、それをいくつも繰り返さなくては不安だということでは、きりがありませんし、患者の負担は不必要に増加します。
確実な診察をしてもらえるということは大切なことですし、特定の病気の不安を抱えているということであれば、その病気に強い病院を選んで診療をうけるべきでしょう。

内科や外科のように、大雑把に専門範囲は区切られていますが、実際の高度医療の現場では、それがさらに細分化されています。
何でも屋のような医療機関よりも、胃がんの検査をする名医や権威が常駐していたり、設備が整っていたりという病院の方が適しているということは、至極当たり前のことでしょう。
しかし、現実にはそれだけの情報の収集を事前に行わず、ただ成り行きで闘病生活に入っていく患者が少なくないのです。

健康を失ってしまい、病気との共存を考えなくてはならないという状況を、誰が気安く考えるでしょうか?
その一方で、打つべき手立てを想像することを放棄してしまう患者の多さというものも否定できません。
自分が受けた胃がん検査が妥当であったかもわからないまま、治療方針を決めてしまったのでは足元がおぼつかない気がしますが、そんなことも考えずにただ医師の指示に従うだけの人も多いのです。

名医や権威なんて簡単に言ったところで、見分け方も難しいところがありますし、とりあえずは目の前の医師に従うというのが、患者の立場では妥当なところでしょう。
あまりうがった見方をして斜に構えるのが好ましいということでもありませんし、胃がん検査をせっかく受けたのであれば、その結果を無視するわけにはいきません。
ただ、全面的に鵜呑みにしてしまうということでは、自分の頭で考えることを放棄してしまっているのと同じことです。

専門家の意見に耳を傾けるのは大切なことですが、それは盲目的に従うということではありません。
自分の経験や理論に欠陥がないかという確認をへたうえで、正しいと感じたものを受け入れることが大切なので、胃がんの検査を受けたらそれで終了というものではありません。
そこからが闘病生活の始まりであり、本番のスタートなのです。

問題を分析するということが胃がん検査の意味であり、そこから名医を探して最先端医療について相談をしたり、一般的な抗がん剤の投薬治療や手術で治療できるかといったことを考えたりするといった取り組みが始まります。
どのような問題があるかを把握しただけでは、まったく意味がありません。
それを解決することが本来の目的なのです。

治療方針については、検査だけではなく胃がん名医によく確認しましょう。
正確な診断は、その後の治療の的確さに大きな影響を及ぼします。
設計図のいい加減な建物を着工したところで、昨今ニュースや新聞で報道されている耐震偽造や欠陥住宅が完成するだけです。
土台がしっかりしていなくては、大規模な高層ビルはもちろん、一般的な一戸建ての住宅すら満足に建築できません。

名医を見つけたら、胃がん検査を再度受けてみるというのも、一つの手です。
セカンドオピニオンにもなりますし、診断は一度しか受けてはいけないというものではありません。
権威に負けて、流されてしまうことは関心しません。自分の命はあなた固有のものです。
妥協してしまって後悔しないと言い切れる自信がない限り、ベストを尽くすことをやめてはいけません。

治療費の問題が解決できて、言語に自信があるのなら、日本国内に限定する必要もありません。
胃がんの検査の結果が思わしくなく、国内で受けられる医療では期待できないというのなら、アメリカをはじめとする海外に目を向けるのも手です。
もちろん、文化や食生活の違いへの戸惑いもありますし、情報収集の難しさも伴います。

同じ医療技術であれば、日本の病院の方が無難でしょう。
名医や権威の分布は国内外を問いませんが、日本人の心情を理解してくれるというようなことまで考えると、やはり相手も日本在住であることが好ましいはずです。
胃がん検査をきっかけに、闘病生活が始まったのなら、あとは精一杯戦い抜くだけです。

テレビ朝日がサッカー日本代表の中継を行うときのフレーズに、「絶対に負けられない戦いがそこにある」というものがあります。
患者にとって、闘病生活はまさに絶対に負けられない戦いです。
勝利をつかむためにも、適正な胃がん検査を受け、治療方針を決定しましょう。
手術を受けるのか、投薬治療を続けてみるのか、場合によっては最先端医療技術や最新治療法が必要となります。
何が優先すべき事項を明確にして、闘病生活を送りましょう。


次のページ
copyright © 2005 患者目線の胃がん名医と手術 all rights reserved.